引っ越しの時期と曜日で値段が大きく変わってきます

私は26歳のときに引越しをしました。一人暮らしだったので荷物も当然1人分です。
初めての引越しはどの引越し業者が良いのか全くわかりませんでした。

引越し業者の数がありすぎてどれを選べば良いのか見当もつきませんでした。
でも名前だけは聞いたことのある引っ越し業者がいくつもありました。
例えばアート引越センターやアリさんマークの引越センターや
クロネコヤマトの引越センターなど有名なところは知っていました。

どうせなら、そういった大手の引越しセンターの方が安心感もあって、
のちのちのトラブルもなさそうなのでその辺りから選ぶことにしました。

また色々と調べていくと引越しの費用が安く済む方法を見つけることができました。
それは引っ越しの時期と曜日です。とりあえず3月と12月に引っ越すのはやめようと思いました。
私は転勤とか仕事の都合で引っ越すわけではなく
自分が単純に引っ越しをして新しい環境に住みたいと思っていました。

そういった人は引っ越しが多い時期をできるだけ避けるのが理想だと思います。
私が調べておすすめだと思った時期は5月と6月です。

ちょうどこの頃は新学期も始まり、
一段落した時期で引越しを新たにしようと思っている人が少ない時期です。

しかも特に6月は梅雨の時期ということもあり引越しをしたくないと考える方が多いようです。
運んでいるときに荷物が濡れたりして新しい部屋がビショビショになって
気分よく引越しが完了できないといったデメリットがあるからです。

確かに私は新しい家でビショビショに荷物を運ばれるのが嫌だったので
5月下旬のまだ梅雨に入っていない時期を選ぶことにしました。

この時期は値段も安く、引越しの予約が取りやすいです。
天気もまだ梅雨前なので雨の心配もないです。

そして最も肝心な引越し業者ですが、とりあえず一つの引越し業者に即決するのではなく、
まず2,3社お見積もりを出してもらいました。

でも引越しを決める前だと荷物などをまだまとめていない状態なので、
実際は引越しの直前にならないと明確な値段は出せないということでした。

とりあえず大まかな数字だけ出してもらって、
だいたい一人暮らしだと5万円弱といったところでした。

私はその中でもクロネコヤマトの引越センターでお願いすることにしました。
決め手はもともと配達の業者ということもあり、信頼度が高いかなと思いました。

作業員があんまりチャラついたイメージがなく丁寧に対応してくれるのではないかと考え
クロネコヤマトにしました。

マンション、不動産の購入は地元業者がベスト

現在住んでいる一戸建て住宅を購入する際、以前住んでいた家をマンション売却しました。

最初は、住宅を建てたハウスメーカー系の不動産業者に依頼しましたが、
全く当てにならず、マンションの仲介実績が多い地元業者に依頼したところ、ほどなくして売れました。

ハウスメーカー系の不動産業者は、もともと家を建てる土地がない人のために
土地を探したり準備しておくことが仕事なので、仲介は得意ではないのでしょう。

私も最初は不安だったのですが、住宅を購入した際のセールスマンが
あまりに熱心に頼んできたので根負けして依頼したというのが実情です。

不動産仲介は、大体3か月間が1つの区切りになります。

ハウスメーカー系の不動産業者に依頼した最初の3か月間は、
宣伝をしているのかどうかわからない状態で時間が過ぎました。

オープンハウスもやっていたらしいのですが、開催告知も不十分であまり人が来なかったようです。

ハウスメーカーの真意はわかりませんが、
仲介をやったことのない担当者に一度やらせてみようということで、トライしたという感じでした。

いい研修にはなったかもしれませんが、こっちはたまったものではありません。
結局、最初の3か月で不動産業者を地元業者に変更しました。

地元業者に変更して1か月も経たないうちにめでたくマンションは売却できました。
ただ、最初の希望売却価格よりは100万円下回った価格での売却となりました。

今考えても、ハウスメーカーの不動産業者には腹が立ちます。

節約してお金を貯めるためのコツは?

財布って、意識していないけれどけっこう人に見られていますよね。
あるとき友達と話していて、どうしても名前の出ない人がいました。

で、つい、「あのエスメスの長財布を持っている子だよ」っていってしまいました。
すると全員が、誰のことか分かったんですよ。あー、財布って印象に残るんだなって思いました。

私がいつも使っているのは、メンズの長財布です。小物はメンズのものが多いんですよ。
服がカジュアル系だからかな。

レディーズのふたつ折り財布などよりメンズの長財布に必要なものを全部いれて持ち歩くのが好きなんです。

今持っているのが、サンベルナールのナポレオンカーフウォレットです。
サンベルナールなんて聞いたことがないんですが、ココマイスターのブランドのひとつらしいですね。

この財布はホックが四つあるんです。上下ふたつずつで、
それぞれが小銭入れと札入れになっています。これが便利なんですよ。

他の長財布 メンズだと、小銭だけだしたいのに、ガバって全部開けなくちゃいけませんよね。
でもこのウォレットだと個別に開けられます。

支払いのとき、財布の中を全部みられる感じがしなくていいですよ。
まあ、札と小銭の両方を払うときにちょっと面倒ですけどね。

ナポレオンカーフっていうのは初めて聞いたんですけど、すごいさわり心地がいい革です。
オイリーで重厚な感じですね。もつとずっしりした感じ。そして使ううちに色に深みが出ます。

だいたい6か月で色が変わってきますね。今持っているのが色はブランデーです。
使っているうちに色違いが欲しくなってきています。次はオリーブグリーンがいいかなあ。

他の長財布に比べて、価格的にも優しいので、もうひとつ持っていても損はない財布だと思っています。

マンションへの引越しに強い業者選び

その他の引越しのコツ